コラム

見抜く目

薬のからくり(多剤服用)⑥

隠れ多剤服用 サプリメント摂取の年代別の割合です 薬学博士は 「健康食品(サプリ)は薬ほど作用は強くないけれども、 やはり何かしら人の健康に影響を及ぼす成分が入っているため 多量に摂取したり複数摂取することで 身体に何か …

薬のからくり(多剤服用)⑤

この後、東京大学大学院教授で医師の先生が 司会者の 「みんながみんな6種類という訳ではない?」 という質問に対して、 教授 「高齢者は代謝、排泄機能にかなり個人差がある。 2種類でも問題が起きる人もいますし、 10種類で …

薬のからくり(多剤服用)④

(→医者と製薬会社に多剤服用で 認知症にされかかった臨床例です。) 85歳男性の場合 3年前、 ガスやタバコの火を消し忘れるなど 物忘れが急に増え、とあるクリニックを受診。 当時の状態を娘さんが 「1日中寝ている状態が続 …

薬にからくり(多剤服用)③

つづき 「薬が原因かもしれないと 疑うことはありませんでしたか?」 と、問われると 80代女性 「疑っていなかった。飲めば治ると思っていた」 という。 (→明らかに「自己洗脳」「自己暗示」「風評鴨葱」ですね) 結果的に、 …

薬のからくり(多剤服用)②

つづき 転機の理由は、 今の主治医に出会ってからだそうです。 高齢者医療に詳しい今の主治医は、 転倒したふらつきの原因を、 薬の種類の多さにあるのでは?と 疑ったそうです。 (→ここ大事!医療に詳しくなくても 12種類の …

薬のからくり(多剤服用)①

今回もTVで放送されたものです。 「クローズアップ現代」から。 ご覧になった方もいるかと思いますが、 私も友人宅で一緒に観ていたのですが、 本当に怖いですねー。 今回のテーマは、 「多剤服用」です。 この多剤服用は薬だけ …

庶民の敵!知らないうちにボラれる!本題2の②

猫のボランティアの任務を終えて 帰宅する際に、もう一度店に寄ってみた。 私の後に来た ガタガタの歯をした 爺ちゃん客も帰ったようだ。 社長一人で店終いをしている。 私「社長!さっきありがとうねー」 社長「おぉー」 店頭に …

庶民の敵!知らないうちにボラれる!本題2の①

つづき… 本題その2に凸入! 以前、同級生が働いていた 自転車も扱っているバイク屋の 社長が、本題その2の主人公! 2軒のぼったくり詐欺店員に 憤慨して社長の店に向かって 凸入したら、店は開いていたのだが… 誰もいなかっ …

庶民の敵!知らないうちにボラれている!⑤

2店の詐欺ぼったくり自転車屋を出て 目的地に向うルートからは少しはずれるが、 以前、同級生が働いていた 自転車も扱っている個人経営の バイク屋さんに向かった。 もちろん、社長とは顔見知りだ! 以前にもここで、同じように …

庶民の敵!知らないうちにボラれている!③

つづき… スポークとは、 車輪が歪まないように 緊張を保つため 車輪の内側に沢山ある 細い棒状のやつです。 スポークは、 スタンドを立てた状態で 車輪を回した時にブレないように、 実際に乗っていてお尻が揺れないように、 …

1 2 3 5 »
PAGETOP
Copyright © 正座研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.