コラム

医学の流行り廃り

薬のからくり(多剤服用)⑨

東京大学大学院教授で医師が 「足算医療からの脱却」 を提言しました。 教授 「薬が効かない場合、ついつい、 次の薬、次の薬と 医者も処方してしまうし、 或いは、 患者も、もらってしまう」 (→薬を催促してしまう患者は良く …

薬のからくり(多剤服用)⑧

そこで、 高齢者の薬を減らすプロジェクトが立ち上がります。 首都圏に48ある有料老人ホームで 約2300人の入居者うち 半数以上が認知症を患っている施設が舞台です。 薬を減らすことで 認知症の症状の改善を目指します。 東 …

薬にからくり(多剤服用)③

つづき 「薬が原因かもしれないと 疑うことはありませんでしたか?」 と、問われると 80代女性 「疑っていなかった。飲めば治ると思っていた」 という。 (→明らかに「自己洗脳」「自己暗示」「風評鴨葱」ですね) 結果的に、 …

8年目の再発!②寿命

つづき 今回は、8年目で再発した例ですが、 仕事柄、一般の人より 他人の命のやり取りの現場に携わる機会が多い私は、 「寿命」について考えることがある。 生を受けたからには 必ず誰しも最後を迎える。 「寿命」は 決まってい …

「医療は今後、患者から学ぶ時代になる」山中伸弥教授②

つづき… →② 「医療は、今後患者から学ぶ時代になる」 と、山中伸弥教授が言われましたが… これ…私達の世界では、 当っったり前過ぎて、 これを読んでも、何とも思わないのですが… この発言は、一般の人からみた場合、 「 …

「医療は今後、患者から学ぶ時代になる」山中伸弥教授①

今日のお題を見て「ピンッ!」と 勘が働いた方は、かなりセンス良いですね! 間接的にはなりますが、 当研究所が時代の最先端であることを、 ノーベル医学賞を受賞した 山中伸弥教授が裏付けてくれました。 https://www …

この時期の身体!10%未満に従うと御迎えが④

つづき… 世界最古の医師、西洋医学の祖 といわれるヒポクラテスの四体液説とは、 「血液、粘液、黄胆汁、黒胆汁」 の4種類を人間の基本体液とする体液病理説である。 体液病理説とは、 人間の身体には数種類の体液があり、 その …

この時期の身体!10%未満に従うと御迎えが②

今年は、日照不足で曇りや雨の日が多い。 7月中旬だっていうのに、 気温が乱高下して、湿度が高い。 肌にまとわり付くような空気である。 この時期は、 まとわり付くような空気の影響から 呼吸器に大きな負担をかける。 お年寄り …

この時期の身体!10%未満に従うと御迎えが①

昼間の移動で、バイクにまたがっていると 「ん?」 (腰の意識が抜ける) (腰が入りずらい) 「いつもより腰が落ちやすい…(注意せねば…)」 その日の夜、食事中に歯に激痛がはしった。 いつもの左下の歯だ。 「変だなぁ〜?」 …

医学の流行り廃り!その①盲腸

今回のテーマに「ピンッ‼︎」ときた方は、 かなりセンスがいいか… かなり年配か… の、どちらかだと思います。 若い人は、経験が浅いので、 医学の流行り廃りには興味が無いのと、 実感が伴わない事が推測できます。 ある一定の …

PAGETOP
Copyright © 正座研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.