コラム

身体の特性

身体の調子が悪い④

東京で雪になりそうなくらい 気温が低く、雨が続いたときに 膝裏を腫らして膝の調子が悪い人がやってきた。 身体の感受性や身体を正確に動かす意識は とても優れた感覚を持っている方で、 身体を変える難しい体操を教えても 普通の …

身体の調子が悪い③

身体は、自転車にペダルのように 上り調子で上がってきたなぁ?と 思っていたら下がって落ちてゆき、 落ちていったなぁ?と思っていたら 反対のペダルが上がってくるように 調子も上がってくる。 これを繰り返しながら 人は、生き …

110歳の免疫力⑥

近年の日本の傾向は、 若しくは、 世界的な傾向は、 医学、薬、エステ(美容)、健康 のジャンルにおいては、 全てが「足算的」な発想しかありません。 そりゃぁーそうですよ! 考えてみて下さい! 鴨葱に 飲ませてナンボ? 塗 …

110歳の免疫力③

つづき それでは、具体的に クローズアップ現代に出ていた 東京大学大学院教授で医師が言った 身体の本質的構造の核心に触れた発言を 思い出してみましょう。 その前に…. 110年に及ぶ、医学や科学の発展により …

110歳の免疫力①

産経新聞からの抜粋です。 ( )内は私見です。 110歳以上の人は 血液中に特殊な免疫細胞を多く持っていることを、 理化学研究所と慶応大の共同研究チームが発見した。 長寿と免疫の関係の解明につながると期待される。 米科学 …

自力のある身体、本当の体力④

続けざまに奥様が、 奥様 「直ぐ訪問診療の先生に来てもらって、 採血してもらい、 昨日、解熱剤を一回だけ飲んだかな…」 さらに 「採血の結果が直ぐ医者から連絡があって 胆嚢炎って言われて、抗生物質を出され、 それを今朝一 …

イチマルイチのお爺ちゃん

「第一村人発見!」でお馴染みの TVにお爺ちゃんが出ていた。 日本海側の地方の田舎町に 大きな家に1人で住んでいる。 「おいくつですか?」の質問に お爺さん「イチマルイチ!」と答える。 そうです、101歳です。 つづけて …

水頭症、白血病、脊柱管狭窄症に?

自分で身体の不具合を 調整するため、 体操を行なっていると、 仙骨に力を集めただけで 直ぐに全身が熱くなってくる。 仙骨とは 長年の人間の進化論において 1枚の板状になった骨である。 今の最高の科学を用いても 解明されて …

安定に潜む闇、不安定の中の光

人間、誰しも安定を求めます。 人間の「サガ」でしょうか… ある意味、永遠のテーマですね (ちょっと得意げに話をしてしまいますが…(^^) 安定した給料 安定した地位 安定した老後 と 不安定な給料、 地位など無い小さな民 …

外に逃げる力!

外出していると、仕事柄、どうしても 他人の身体に目がいってしまう。 観察してしまうのだ! 間違えないで下さいね! やましい色目線ではありませんし、 変な物色ではありません。 例えば、高齢者が自転車に乗って ハンドルを握る …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © 正座研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.