コラム

考える力

危険な『キレイ』④

そして、 帯状疱疹、風疹、麻疹に関しても 同様のことが言えると思います。 一度、感染していれば 抗体を持っているため 心配はないのですが、 空気中にこれらのウイルスが漂い 接触することで 手に入れた抗体は刺激を受け 活性 …

危険な『キレイ』③

最近、この3種の流行の兆しは、 コロナ禍での予防接種率の低下が 原因とされているが、 「ホントか?!」と 疑ってしまう。 過去にも記したが、 特定のウイルスが流行している時は 『ウイルス干渉』という状態になり 先に流行し …

危険な『キレイ』②

風疹は、「風疹ウイルス」による感染症で、 飛沫(ひまつ)感染で広がります。 患者は特に30~50代の男性が多いとされていますが、 免疫が不十分な妊娠20週以前の妊婦が感染すると、 難聴や白内障、先天性心疾患などの 『先天 …

危険な『キレイ』①

私の住んでいる行政区では、 50代になると帯状疱疹の ワクチンをおすすめする 知らせが届くようである。 なんか、他人事のようですね! そして、 この前、TVで 風疹、麻疹(はしか)が 流行している ニュースが流れていた。 …

壮大なワクチンの闇⑮

もうお分かりですね! そうです、 『馬鹿無限ループ』 または 『無能ブーメラン馬鹿自業自得ループ』 イイですねー(爆) 馬鹿は死んでも治らない! 馬鹿は馬鹿に返ってくる! 本当に、世の中、 うまくできていますね! 因果応 …

壮大なワクチンの闇⑭

当研究所の今までの見解は、 CDC(米疫病予防管理センター)や NIH(米国立衛生研究所)などの米保健機関、 そしてWHOまでの陰謀的な動きは 分かりませんでしたが、 ワクチンやコロナに関する捉え方は 数年前から、コロナ …

壮大なワクチンの闇⑬

追伸   今回の手記は、 京都大学医生物学研究所准教授の 宮沢孝幸氏のものです。 今回の記事は、 ワクチンを含む コロナウイルスを通した、 WHOを頂点とする 世界の医療業界の 怪しい動きが垣間見れましたね。 …

壮大なワクチンの闇⑫

このままパンデミック条約が締結されれば、 今後もプランデミックは引き起こされ続けるでしょう。 (→かえってその方が良いと思います。 馬鹿は、今回のように、ワクチンをばんばん打って 淘汰されればいいんです。その方が、 国や …

壮大なワクチンの闇⑪

●最終目的は何か 今回のプランデミックを 引き起こした首謀者の 最終目的は何なのか? それは今後、 世界的な感染症が起きた際、 国際社会が効果的に協力することを目指す 「パンデミック条約」の 締結ではないでしょうか。 W …

壮大なワクチンの闇⑩

最初からワクチンなど 必要なかったのです。 それでも、 無理矢理接種が続けられた背景には、 やはり何かしらの契約があったから としか考えられない。 それに、ワクチン接種は、 2回で十分にもかかわらず、 初めから8.8億回 …

« 1 2 3 4 64 »
PAGETOP
Copyright © 正座研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.