コラム

風評

盗みのテクニック⑦

つづけて基礎生物学研究所によると、 『他の生物種のシステムで 動いていた遺伝子が 新しい生物種に移ってきて そのまま動くか?っていうと そう簡単ではなく、 新しいシステムの中で動くように 適応して変わらなければいけない。 …

盗みのテクニック⑥

同種の遺伝子の盗みは、 まだ解明されていない。 が、 魚に関していえば、 体外受精であるため 水中で卵が産み出されて 精子がかけられて受精するわけですが、 このとき、他の生物のDNAが混ざってしまう 可能性もあるという仮 …

盗みのテクニック⑤

(→解明率10%未満の医学や科学は ウイルスを悪者であるかのように 無能な一般人を洗脳していますが、 ウイルスの存在は、風評とは真逆の意味合いを 持ってくるのではないでしょうか?) 基礎生物学研究所によると 「盗み」の技 …

盗みのテクニック④

そして、脳の自然免疫にも ウイルス由来の遺伝子が 関わっていることが分かりました。 (→ウイルス素晴らしいですね!) マウスの実験で、 脳に病原体を注入すると ウルス由来の遺伝子が欠損した脳では 注入した病原体に変化はあ …

盗みのテクニック③

では、何で? 哺乳類の祖先は、 ウイルスの遺伝子を 盗むことができたのか? 取り入れることができたのか? これが、 「盗みの技術」 「盗みのテクニック」に 繋がってくる訳ですが、 実は、今、見つかっている ウイルス由来の …

盗みのテクニック②

つづき マウスの実験で PEG10の働きを抑えた マウスの胎盤は小さく 栄養が十分に届かず 死んでしまいます。 胎盤の形成に欠かせないPEG10の中には、 ウイルスが持っている (自分の)構造を作るための遺伝子と 酵素を …

盗みのテクニック①

(→     )は、 言わずと知れた私の独り言です。 「盗みのテクニック」 「盗みの技術」 というと 万引きか?窃盗か?強盗か? 特殊な犯罪のノウハウを思わせるかのような イメージが浮かんでしまうかもしれませんが、 「盗 …

子供の正常な成長⑤

子供がしっかり 「生活」できているか?の指標です。 •食事のとき、食べ物を口からボロボロこぼすか?否か? キレイに食べられるか?否か? •テーブルが汚れたときに 布巾でキレイに拭けるか?否か? •爪を切ることができるか? …

子供の正常な成長④

ハサミは、切るだけではなく 添えている手を動かすことで 丸く〇を切れることを学習していきます。 丸〇が書けなければ、字は書けない。 三角△や四角⬜︎が書けなければ、 図解の認識は培えません。 計算や勉強の前に、 塗り絵や …

子供の正常な成長③

小学校に入学してくると 親は点数ばかりを気にします。 テストが0点か?0点じゃないか?ではなく 子供として正常な成長をしているか?否か? が問題になってきます。 親は、子供の成長に対して 点数や目に見える成果に対しては評 …

« 1 2 3 4 37 »
PAGETOP
Copyright © 正座研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.