スエーデンは、
色々な状況を考えて
色々な選択肢があり、
政府に言われたままの行動をとるのではなく、
政策に疑問があれば
考えて行動を起こし主張するという姿勢のようです。

ただのマスゴミ情報に踊っている
猿の国とは、国も国民性も全く成熟度が違うのを
感じたのは私だけでしょうか。

対応の仕方は、色々あって良い思うのですが、
言われるがまま感が拭えないのは
猿に国日本の特徴のようです。

マスク警察?!
自粛警察!
村八分!

猿の国は、
行動の起こし方の
程度が低過ぎると感じてしまいます。

猿だから仕方ありませんね。
「考える力」ありませんから。

(いつから?猿の国になったんだ?まいっか…)

そうは言いましても、
人間は進化していく存在ですから、
今の状況から進化するためにも
今回のパンデミックは有意義と言えると思います。

これからも、
色々と情報が錯綜すると思いますが、
「猿」にのまれないように
進化するためにも
ゴミ情報を精査しながら
注視していきたいですね。

ウッキー!

 

そして、ワクチンがそろそろ出回ってきました。
現段階でのワクチンの評価について詳しく載っている、
これまた、優秀なドクターのホームページを見つけましたので
添付しておきます。

ワクチンのメリット、デメリットを考えた上、
どうするのか?判断する材料にして頂ければと思います。

読む限り、今のところ、
ワクチンの評価は想像以に上出来のようです。

「今のところ」ですからね…

あとは、自身の「考える力」を持って
判断して下さい。

 

新型コロナウイルスワクチンの効果と安全性

 

 

 

 

おわり

 

 

追伸

先日、若者のワクチン接種についての
街頭インタビューTVを拝見しました。

そうしたら、40%強の若者が
「直ぐには摂取したいとは思わない」
と回答したのです。

理由はともあれ、
猿の国も捨てたもんじゃないなぁ〜
と、ちょっと感じましたね。