現在、ディナーショー真っ最中のYOSHIKI。
ショーの最中、ファンとの触れ合いにより、
以前より痛めていた右手首や指が悪化したという。


指や手首を痛めほどYOSHIKIの手を握るファンって?
超人ハルクですかね?
最早、制御不能のゴリラ並みの握力ですね…(笑)

状況を重く見た主催者が、
公演前に異例のアナウンスをした模様。

アナウンスは、
「 強く握ったり、叩いたりする行為は控えてほしい 」 との事。
海外からの来場者も多いため、
英語でも同様の内容がアナウンスされるという。

→やっぱり会場には隠れハルクがいる(笑)

YOSHIKIの配慮で、客席を歩き、
1人でも多くのファンと触れ合えるようにしたところ、
痛めている右手首と左手親指を捻挫したらしい…

→絶対、隠れアームレスラーもいますね!(笑)

YOSHIKIは、2年前に、
首に人口の椎間板を入れる手術を行なっている。

→これは、重要です。
身体は、首首の関係から
首の異常が手首の異常に影響するので、
(中心と末端の関係)

やはり、中心の首に負担がかからないような
身体作りをしていかないと、
(筋肉をつける→✖️)
(正座のメカニズム→○)

次は、末端の腕にその影響が波及してしまいます。
それには、肩甲骨が非常に重要な役割を
持ってきますね。
(著書参照)

YOSHIKIのアメリカの主治医は、
「手首の靭帯は100%完全に切れている!」と
言っているようですが、疑問が大きいですね。

完全に切れていたら
手首は動かせませんから
演奏も出来ないでしょう。

実際には、公演していますから、
靭帯の一部が損傷しているのかもしれませんが、
完全には切れていないでしょうね…

ファンの心境は、嬉しさのあまり
火事場のクソ力!(非科学的)
的な心境なんでしょうねー(笑)

嬉しさのあまり
身体を壊すほど触れ合う?

ん〜やっぱり、意味不明ですね…

美味しいものを目の当たりにした
野生のゴリラと同じ心境なんでしょうか?

主催者側から、
「来場するファンの皆さんにはご協力頂きたい」
との事ですが…

私には、
「来場するゴリラの皆さん…」と、読めるのは?
気のせいかしら…(笑)

こちらから、抜粋
https://news.dwango.jp/entertainment/40172-1908