生きている時も辛かったかもしれませんが、
自害すると、それ以上に、
寸分の隙も無い
想像を絶する「辛い境遇」に
向き合わなければならなくなるのです。

そうすると、
神田沙也加さんが、身体から離れて、今、
どういう状況に魂を置かれているのか?
分かりますよね。

死んでから、
身体を失くしてから、
「本当の辛さ」に気が付いても
遅いんです。

「死ななきゃ良かった!」なんて
嘆いても遅いんです。

もう戻れないのです!

 

これを知って、

それでも、自害しますか?

それでも、
「どうしても自害したいのであれば
止めません」が、

死んで「楽」になんか
1ミリもなれないので
覚悟した方がいいでしょうね。

生きていた辛い境遇よりも
もっと過酷な境遇が待っているため、

だからお勧めできないのです。

 

前回コラムの親ガチャで記しましたが、
「親を選んで生まれてくる」
と言いました。

それに加えて、

『自分の意思で』

この世に
生まれてくるのです。

嫌で、生まれてくる訳ではありません。

生まれてきたくない魂は
人間界には誕生できません。

みんな、生まれたくて、自分の意思で
この世に生を受けているのです。

生まれてくることを
志願したにも関わらず
自ら命を絶つことは
許されないこと。

そうすると、

何故?生まれてくるのか?

「親を選んで」
「自分の意思で」

何故?生まれてくるのか?

問題は、そこに行き着く訳です。

 

何故?人間は生まれてくるのでしょう?

何でだと思いますか?

神田沙也加さんは、
神田正輝と松田聖子を選んで
自分の意思で生まれてきて、

何のために生まれてきたのでしょう?

と、言うことになります。

 

考えてみましょう!

 

 

今回は、答えを言わずに

 

おわり

 

に、します。

 

 

ヒント

あなたは、

20年前の自分と

10年前の自分と

1年前の自分と

1ヶ月前に自分と

昨日の自分と

自分自身の違いを、
どのように感じますか?

生きている人間全員が
同じような違いを、
同じ道のりを、
必ず辿っています。

それが、

何のために生まれてきているのか?の

答えになります。