先日も、多方面から
ワクチン摂取後の副作用の話が
舞い込んできました。

2回目を打った後の方が
副作用が出るようです。

70代男性。
「2回目のワクチンを打ったら
腰が抜けて動けなくなった」という。

よく聞くと、
打った次の朝から
38.5度の熱が出たそうで、

昼まで寝ていて、
起きようと思ったら
立てなかったという。

それ以来、腰がおかしい。


「昼に起きた時は?熱は?如何でしたか?」

男性
「熱は下がっていました」

私「(ん???)」

勘が働く。

私「(もしかして…)」

 

この男性、
もともと、腰の落ちている方で
ワクチンの副作用が
腰に出たものだと本人は思い込んでいる。

そしてこの方、普段から
熱が出ない人
熱が出せない人
なのです。

(熱をどう捉えるか?コロナ禍では、
非常に重要です)

早速、腰を中心に
診てみると、

腰に異常が見当たらない。


「熱が出てから寝る時は?
何もしませんでしたか?」

男性
「解熱剤を飲んで寝ただけで、
それ以外は何もしていません。
そして起きたら熱は下がっていました」

私「(それだ!)」

 

これが分かる人は、
身体を熟知しているといって
いいでしょう。

ちなみに、医者には、
絶対に分かりません。

分かっていたら、
医者なんかやっていないと思いますし、
医療世界が今とは違う世界になっています。

 

 

 

 

つづく…