閲覧注意!

 

つづき…

 

観念したような受付の女性は、
バスタオルと洗濯ネットを
持ってきてくれました。

今から思うと
「この人、お金払うのかしら?」
と思われていたのでしょう。

(→緊急なのに、判断能力0ゼロ、
考える力0ゼロの受付ですね!さすが足立区)

 

子猫を運び40代の男性医師に診てもらうと、
「頭部が陥没しており意識不明で、
残念ですが、9割がた、助からないでしょう」
とのことでした。

治療のこと、費用のことを聞き、
この医師には、誠意を感じました。

(→この獣医師はきっと足立区民じゃありませんね!)

生後2か月くらいで、
オスの黒い八割れです。

とりあえず8月10日(月)までの
二泊三日で入院することになりました。

ここでかかった費用(消費税込み)は次の通りです。
・8月8日:初診料、X線、超音波検査(局所)で、¥7150.
・8月9日~10日:入院費、治療費で、¥30800.

(→受付の対応は、空気もよめない最低レベルなのに
請求金額はまともだな!さすが足立区!)

10日の昼前に行くと、
子猫は注入器で液状のえさを与えると、
ぺろぺろ飲み込むまで回復していました。

(→驚きます。凄い回復力!)

しかし、
頭部からたまっていた血が出たりするなど、
予断を許さない状況とのことでした。

この時、撮影した写真が、
浮花橋に掲示した写真です。

 

 

 

つづく…