瀕死の子猫を保護してくれた方と
電話で少し話した後、
メールでのやりとりになりました。

その一部を以下に記します。

(  )内は、いつもの私の
辛口コメントです。

 

沢田様
お電話、メールありがとうございました。
岡本 ◯◯(おかもと ◯◯◯◯)と申します。

猫への日々のご活動、
本当にお疲れ様です。

早速ですが、
浮花橋での子猫保護について、
改めてお話させて頂きます。

少し長くなります。

8月8日(土)午前11時前に、
南花畑から八潮側へ、
進行方向で橋の右歩道を歩き、
橋を渡って数メートル進んだ右側、
柵のある空き地に、
この子猫が倒れていました。

私は撮影のためこの地を初めて訪れました。

子猫は「ハッハッハッ」と
激しく呼吸していました。

柵から子猫まで2メートルほどありました。
顔を怪我しているようでした。

子猫を見ていると、
年配女性が自転車を押して通りかかり、
「あら、子猫、かわいそうにねえ」
とのことでした。

私は、スマホで動物病院を調べて、
まずひとりで向かいました。
六町駅方面の「桜花どうぶつ病院」です。

浮花橋から約400メートルです。
受付で相談をすると
「予約が優先ですので…」
といわれたので、少し腹が立ちました。

(→私だったら受付で暴れますね!)

「気になって仕方ないのです。どうすればいいですか?!」
少し強い口調でそう言うと、

(→足立区民の扱い方講座では、基本、力技で扱うのが礼儀になります)
(→対応が大人です!私だったら、マニュアル通り、胸ぐら掴んで締め上げていますね!)

 

 

 

つづく…